ヒートショックを防ぐ家

冬場になると新聞をにぎわす「ヒートショック」の7文字。家の中の温度差が原因で心臓発作等を起こす現象です。その死亡者数たるや、いまや交通事故死者数を超える数です。外に出るよりも、家の中にいる方が死の危険と隣り合わせなんて恐ろしいですよね。リビングは暖房をたいてあたたかくしているけれど、廊下はあたたまっていないので、一歩リビングの外に出た瞬間にその温度差にやられてしまう。また入浴時、お風呂でぽかぽかと温まったからだで、お風呂からあがって寒い脱衣所にもどった瞬間に血圧の変動で発作を起こしてしまう。そんな現象です。何がいけないかというと、寒すぎる家がいけないんです。かといって廊下や脱衣所までガンガンに暖房をたくわけにはいきません。じゃあどうしたらよいかというと、ひとつめに、家の中に冷気をいれないようにする工夫。ふたつめに、家全体の断熱性をたかめる工夫ができます。ひとつめでいくと、間取りの工夫ですね。家の中で一番冷気が入ってきやすい場所、玄関に、一つ扉をつけてあげると廊下をつたって冷気を取り込むことを防げます。ふたつめは、断熱リフォームですね。むかしの基準ではなく、いまの断熱基準をクリアできるようにリフォームするとよいでしょう。名古屋でヒートショック対策の断熱性能の高い家を建てる工務店